足立区で沢山太陽光発電で発電できる時期について

太陽光発電を足立区で取り付けた場合、いつ多く発電できると思いますか。
実は一番多く発電できる時期は春と秋なのです。
何故この時期なのかというと日照時間と気温とのバランスのいい時期になるからなのですが、夏はあまり発電しないのでしょうか。
夏は確かにかなり日照時間が長いのでかなり発電しそうに思うかも知れませんが、気温が高いので発電効率がそのために低くなってしまうのです。
そして冬は冬で日照時間が短くなってしまいますので発電効率が悪くなってしまいます。
しかし春と秋は気温が高すぎることもありませんし、日照時間も短くありませんので結構発電するのです。
ですので春と秋に注目をしてもらいたいと思います。
夏場に太陽光発電を取り付けて、思ったよりも発電量が少なくてがっかりしてしまう人もいるかも知れませんが、秋や春のほうがおおいと思ってもらいたいです。
私もこのことについては知りませんでしたのでかなり意外でした。
季節による発電量の違いは多少あるものの、全体的に一年を通しての発電量は昔の太陽光発電に比べますと格段によくなってきているのです。
ですので皆さんも是非つけてみるといいのではと思いました。
これを付けることによって一年中節電ができます。
家を留守にしている間にはしっかりと売電ができますし、使わないときにもお得なことが沢山あるのです。
ちなみに冬場は一年の中であまり発電しない時期になりますが、この時期でも多く発電をする方法があります。
それは雪の積もらないような装置を付けることです。
元々雪のあまり降らない地域の場合には関係ないのかも知れませんが、極寒で積雪する地帯の場合ですと雪の積もらない装置をつけるのかつけないのかによってかなり発電効率が違ってきます。
これで発電効率がかなり上がると冬場でも心置きなく好きなだけ暖房をかけることができるのです。
自宅の中を暖かくして楽しく過ごすことができます。
足立区の場合はたまに雪が積もることもありますが、かなり積もることはありませんおでそのような装置をつける必要はありません。