太陽光発電の工事をする

見積りを取ったら早速工事を開始するのかと思いきや、まだそうではありません。
見積りを取って契約をしたら、次は各種申請をしないといけません。
まずは、設置業者が電力会社に連系申込書というのを提出します。
そして、設置を依頼した人は、様々なところに補助金の申請をする必要があります。
補助金がほしくないのであれば、別に申請をしなくても構いません。
しかし、うまくいけば100000円以上も補助金がもらえるのですから、利用しない手はないですよね。
補助金の申請先としては、国、都道府県、そして市区町村という3つの窓口があります。
多くの場合、これらの3つの窓口はそれぞれ個別に申請をする必要があります。
自治体によっては、県の窓口と市区町村の窓口を一元化しているところもありますが、さほど多くありません。
補助金をもらうためには、工事を始める前に申請をしないといけません。
この順番を間違えてしまうと、補助金がもらえなくなってしまうので、注意しましょう。

補助金が無事にもらえる運びとなったら、いよいよ工事開始です。
工期は実に様々です。
基本的に工事というのは、晴れた日に行います。
そうしないと、実際に太陽光発電が作動するか、計算通りの発電量になっているかを計算できないからです。
結構、微妙な作業なのです。
多くの太陽光発電の工事は、1日で完了します。
1日もあれば、もうその日から太陽光ライフをスタートさせることができます。
ただし実際のところ、工事が完了するのは夕方という場合もありますので、実質的なスタートは翌日ということになりますね。
補強工事が必要な場合には、作業する人間も多く必要ですし、手間もかかりますので、その場合には2日間かかる場合もあります。
ただし、多くの場合設置工事は外で行います。
中に工事の業者が入るというのは、最後の段階くらいなものですので、心配は要りません。

工事が完了すると、業者から保証書が渡されます。
多くの太陽光発電の場合、10年間の保証をつけています。
メーカーでは、太陽光のパネル本体に対して保証制度を設けています。
一方設置業者は、設置に伴うトラブルに対して保証をつけています。
実際に補助金がもらえるのは、大体3ヵ月後という感じです。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>